浮気した旦那への慰謝料請求の相場は?

MENU

浮気した旦那への慰謝料請求の相場は?

慰謝料

旦那に自分以外の女性と性的関係を持たれたことは、精神的苦痛としかいいようがありません。

 

裁判所でも、夫が浮気を認めた場合は、慰謝料を請求できると認めています。
では、慰謝料の相場とは、一体どれくらいなのでしょうか?
慰謝料の相場について、詳しく見ていきましょう。

 

旦那の浮気への慰謝料請求はいくらでもいい?

旦那がもし、他の女性との浮気を認めた場合、双方へ慰謝料を請求することが可能です。

 

この場合、慰謝料請求の額は、請求するだけであれば、いくらでも構いません。
請求して話し合いをした結果、相手がその金額を支払うといえば、それで成立するので、問題ないのです。

 

ですが、あまりに高額すぎて、相手が支払えないと訴えてきた場合は、話し合いが不成立となりますので、裁判をすることになります。
その裁判では、浮気の事実が確かであること、その証拠があること。
これによって慰謝料を請求することができます。
もちろん、浮気の事実が不透明な場合は、それだけを理由に請求することは不可能です。

 

旦那が浮気した場合の慰謝料の相場は?

考える女性

先ほどお伝えしたように、慰謝料を請求して、裁判となった場合、相場を元に慰謝料の支払いが命じられます。
では、その相場は一体どのくらいなのでしょうか?

 

テレビなどで有名人が離婚した際、高額な慰謝料が話題になりますが、あれは特別であって、一般的にはあれほどの高額な慰謝料を求めることはありません。
旦那に支払い能力がない場合が多いからです。

 

一般的に旦那の浮気に対する慰謝料の相場は、夫婦の今後にもよりますが(離婚・別居をするか否かなど)、およそ100万円〜500万円と言われています。
もちろんこれは旦那の収入、さらに結婚期間がどれだけあったかなどが考慮されて金額が決まります。

 

少しでも慰謝料を高くするためには

精神的苦痛に対する金額と言われると心苦しい部分もあるかもしれませんが、請求できるものはしっかり請求しておくこと。
これが旦那の浮気が原因で離婚した場合の後悔しないための秘訣です。

 

そこで、慰謝料を多く請求できる際の条件をあらかじめ知っておいたほうがいいでしょう。

 

慰謝料を多く請求できる条件
  • 旦那の収入が平均より多い
  • 離婚により精神的苦痛が大きかったため、心療内科に通うほど体調が悪化した
  • 妻側に再婚の可能性が低い
  • 婚姻年数が長ければ長いほど

これらの理由が一般的に慰謝料が高くなる理由となっています。

 

相場を知った上でやるべきこと

証拠

慰謝料請求するためには、旦那が浮気をしていたという証拠が必要です。
旦那の浮気が発覚したことによって心療内科に通ったのであれば、領収書や診断書も用意しておきましょう。

 

口頭だけで旦那側が浮気を認めたとしても、裁判の際に「やっぱりしていない」と言ってくる可能性もあるのです。
旦那が浮気をしていたという物的証拠があれば、相場に応じた金額、場合によってはそれ以上の金額を請求することができます。

 

まとめ

旦那の浮気に対する慰謝料の相場について、簡単にご紹介しました。
他にも慰謝料の増減に関わる条件はいくつかありますが、不倫の慰謝料をもらうためにはまず、浮気の証拠があることが絶対条件であることには変わりありません。

 

慰謝料を請求しようと考えているのであれば、浮気の証拠は、しっかりと、そして確実にとるようにしましょう。