旦那の浮気相手が妊娠してしまった場合の対処法

MENU

旦那の浮気相手が妊娠してしまった場合の対処法

妊婦

ある日突然、旦那の浮気相手が「あなたの旦那の子供を身ごもっている」と言ってくることがあります。
もしくは夫から、浮気相手が妊娠してしまったらしいという事実を告げられるかもしれません。
自分の夫の浮気にも気づいていなかったとしたら、いきなり色々なことを知ってしまって、ショックを受けるでしょう。

 

そんな時どうすればよいのか、旦那の不倫相手が妊娠してしまった場合の対処法について、ご説明します。

 

旦那の浮気相手が妊娠してしまった場合の対処法

突然、旦那の浮気相手の妊娠の事実を知ってしまったら、たとえ旦那が浮気していることがわかっていたとしても、動揺するでしょう。
ですがこの話を聞かされたとき、妻もそうですが、間違いなく旦那も動揺しているはずです。
まさかこんなことになるなんて、できることなら時間を巻き戻したい、そんな風に考えているのではないでしょうか。

 

妻も旦那もまずは冷静になることが必要です。
浮気相手が妊娠したと言ってきたとき、正しい対処法をとることで、問題解決に繋がるはずです。

 

本当に妊娠しているのかどうかを確認すること

医者

中には妊娠しているとウソをついて、浮気相手である旦那や、その妻がどう反応するか確かめたいという女性もいるようです。
「妊娠したと言えば奥さんより私を選んでくれるかもしれない」、という考えから、妊娠したとウソをついて相手を困らせるというパターンです。
インターネット上にある妊娠検査薬の妊娠反応の画像を使って、ウソをつく女性もいるそうです。

 

妊娠が確かなものなのか、婦人科でしっかり診察してもらい、女性の名前入りの診断書や領収書を目の前に出してもらいましょう。
目にしたくはないかもしれませんが、妊娠していることが事実かどうか、確かめることはとても重要です。

 

赤ちゃんを産むかおろすかは女性に決定権がある

 

浮気相手の女性が妊娠した場合、生むか生まないかを最終的に決めるのは、妊娠した女性本人なのです。
もし本当に自分の夫の子だったとしても、子供をおろすことを強引にすすめた場合、脅迫されたと訴えられてしまうことも。
浮気とは別の問題が出てしまうので、それだけは絶対にやめましょう。

 

妊娠が確定したら後は旦那の気持ち次第

夫婦げんか

不倫相手が妊娠したことで妻と離婚をしたいと言ってきた場合、妻も離婚の意思があるなら離婚へと話を進めていきます。
しかし妻側に離婚する意思がなければ無理に離婚しなくてもいいのです。
慰謝料や子供の養育費などを話し合ったけれど納得できないから離婚できない、と伝えればいいのです。

 

逆に離婚しないことを選択した場合、後は浮気相手が子供を生んだ場合、認知するかどうかは旦那本人が決めることです。
間違いなく自分の子供であることが分かっていても、中には認知しない男性もいます。
また、本当は自分の子でなかったとしても、不倫相手の涙に絆されてうっかり認知してしまうという人もいます。
ちなみに認知した場合は、浮気相手との間にできた子供に対して、養育費を支払う必要があります。

 

まとめ

旦那の浮気相手が妊娠してしまった場合の対処法について、お話ししました。
本当に旦那との子どもなのか、出生前にDNA鑑定を行うこともできるようですが、受け付けてくれる病院は限られている上に、額も通常のDNA鑑定に比べて高くつくそうです。

 

浮気相手が妊娠していると言ってきた場合、これ以上の証拠はないので、妻側はもちろん、慰謝料の請求を行うことが出来ます。
あとは離婚か、このまま婚姻生活を続けるのか…。
いろいろな人の意見や自分の環境も考慮して、じっくり考えてみてください。